/

westshoreunlimited

住宅建築の工法について知ろう


日本の住宅には、いろいろな構造・工法が取り入れられています。

家を建てる際、この構造・工法の知識があれば、迷った際、決断する際役立ちます。

ここでは日本の住宅建築で取り入れられている構造・工法を紹介します。

全部で6つあります。

1つ目は、「木造軸組住宅」。

日本の伝統的な工法です。

基礎の上に木の土台を置き、柱と柱を梁でつなぎ、斜めにも筋交いをします。

2つ目は、「木質系住宅」。

壁パネルを組み合わせたり、パネル自体を構造体に取り入れているものがあります。

気密性が高く、自然のぬくもりがあります。

3つ目は、「ツーバイフォー住宅」。

使用されている厚板製材のサイズが2インチ×4インチであることからきています。

現場で加工作業が不要になります。

4つ目は、「コンクリート系住宅」。

コンクリートで作られる住宅です。

耐震性と耐火性に優れています。

5つ目は、「鉄骨系住宅」。

鉄骨で骨組みされているため、耐震性に優れています。

6つ目は、「鉄骨系ユニット住宅」。

鉄骨と木質系の柱や梁を組み合わせている住宅です。

積雪に強く、耐震性と耐風性に優れています。

関連記事


土木用重機とロマン兵器

多くの少年が小さい頃に「はたらくくるま」を見ていたせいなのか、三つ子の魂百までなのか、オトコノコ心をくすぐるメカやロボといったものはそっち方面のものが多いなぁ、...


AX